1. なぜ、北海道南西沖地震の絵を描いたのか

話や文字だけでなく、絵にして視覚に訴える方が伝わりやすいと思ったからです。私は1993年7月に発生した北海道南西沖地震の被災者です。地震とそれに伴う津波に遭い、まさに九死に一生を得る体験をしたことで、素早く避難することの大切さを身を持って学びました。それを紙芝居にして、次代を担う子どもたちをはじめ皆様にお伝えしているところです。紙芝居だけでなく、私の津波体験をまとめた絵本も自費出版しました。絵はまったくの素人でしたが、「命をつなぐ大切さを伝えたい」という一心で、苦心しながら描き上げました。気軽に手に取って読んでいただき、私の津波体験から避難の大切さを学んでいただければと思います。

2.灯台のある高台まで急いで避難しました

奥尻高校1年の時、祖父母と暮らしていた奥尻島の青苗地区の自宅で被災しました。忘れもしない午後10時17分のこと。2階で宿題をしていると、突然強い揺れに襲われました。と同時に電気が消え、あたりは真っ暗に。私は慌てて1階へ行きました。たんすの下敷きになっていた祖父を助け出して背負い、祖母の手を引きながら、100mほど離れた、灯台のある高台まで急いで避難したのです。その直後、30m級の津波がゴーッというすさまじい音を響かせながら迫り、私たち3人の住んでいた家屋を飲み込みました。私は懐中電燈だけを手に、取る物も取り敢えずパンツ一丁で避難しましたが、もし悠長に服を着ていたら、家屋ごと津波に飲み込まれていたと思います。

(画像提供:札幌管区気象台)

3.未来への備えにつなげてほしい

災害発生時に起きる「失見当」(通常よりも視野が狭くなっていて、より客観的に思考・ 判断することが難しい時期)、「安否確認」(自分にとって大切に思う人や事物が無事かど うかを確認する作業)、「救助・救出」のそれぞれについて、インタビューにより体験を基 にした絵を用いた説明がなされました。 防災の担い手は、自助(自分・家族)、共助(地域)、公助(行政・公共機関・公益事業 体)からなることが説明され、最後に防災に王道はなく、個人・家族・地域の特徴によっ て、災害に弱いところが違うこと、画一的な防災対策では守れないこと、自分達の弱いと ころを知り、地域で起こりうる災害を知ることで、自分たちに必要な「いのち」、「くらし」 を守る対策を考えることが指摘されました。

災害に対するご家庭での備え ~ 「も・も・よ・さ・ま 」!

北海道南西沖地震に被災した時、懐中電灯を手近な場所に置いておいたのが幸いしました。本ホームページのQ&Aを参考に、非常持ち出し袋の中に必要な物品を入れておき、すぐに持ち出せるようにしておいた方がいいでしょう。ただ、一番大事なのは心の備え。特に、「もどらない・もたない・よらない・さがさない・またない」の5つが大切です。「もどらない」はいったん避難のために家を出たら決して戻らないこと。「もたない」は何も持たないこと、持っても必要最小限。「よらない」は避難中にどこかに寄らないこと。「さがさない」は物を探さないこと。「またない」は待たないということです。頭文字を取って「も・も・よ・さ・ま」と覚えるといいでしょう。

お気軽にお問い合わせください 090-8425-2903     波で なくなる 命ゼロ

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。